トレード手法とは一体何でしょうか?
筆者の考えを言えば、「取引を制限させるもの」です。

24時間動き続ける外国為替市場と、現在のインターネット環境によって、トレーダーはいつでも取引が可能となります。

しかし、残念ながら「いつでも取引ができる=いつでも勝てる」というわけではありません。

ランダムのように動いているチャートの中で、「ここぞ」というポイントに絞って取引するためのルールが手法です。その手法に従ってトレードを続けていけば、自ずと利益が出ているようなものが理想です。

相場に「絶対」というものが無い以上、「絶対に正しい」手法は存在しません。
しかし、優位性のあるそれなりに正しい手法は数多く存在します。

残念ながら、100人が全く同じ「それなりに正しい手法」で取引しても全く違った結果になります。これは、トレーダーの個性によるものです。

損切りをすると大きな精神的なダメージを受ける人、勝ちが続くと調子に乗ってしまう人、買っても負けてもそのルールに従い続けられる人・・・

トレーダーにも様々な個性があるため、自分の性格をしっかりと把握し自分にあった手法を見つけて、検証し、アレンジして行かなくてはいけません。

初心者の方はまず「自分にはどのようなトレードスタイルが向いているのか?」を知ることが大切です。

クマ君
自分に合った手法か・・・。
どうやったら分かるの?

ウシ君
トレード経験を積んでいくしか無いよね。
色々なやり方やスタイルを試して見て、自分にとって一番やりやすいやり方を追求していくのが一番だと思うよ。

クマ君
やりやすいやり方かぁ・・・。

ウシ君
やりやすいってのは精神的な負担が少なかったり、生活リズムに合わせやすいトレードスタイルの事ね。

例えば早朝から仕事のある人が深夜のスキャルピングなんて厳しいじゃない。
他にもチャートを判断するの時間がかかる人がスキャルをやろうとしたら難しいじゃない。

こういった点に配慮しながらトレードスタイルや手法を組み立てて行くわけだ。

クマ君
なるほど!
まずはトレード経験を積んで自分自身を知れって事か!
道のりは長いけど頑張るしかないな!
おすすめの記事