GMMAとは、オーストラリアのダリル・ガッピーが考案したGuppy Multiple Moving Averageのことで、日本語ではガッピー複合移動平均線と翻訳されます。

GMMAは、12本の指数移動平均線を一度の表示させるちょっと変わった移動平均線ですが、相場のトレンドの状態をわかりやすく表示してくれるために、多くのトレーダーから人気が高い手法です。

GMMAを表示させたチャートは以下のようになります。

クマ君
相場の向きがすっごく分かりやすいね、コレ。

ウシ君
うん。GMMAは究極のトレンドフォロー用の指標だね。

GMMAの構成

GMMAは12本のEMAから構成されますが、それらは短期EMA群と長期EMA群の2種類に分類されます。

短期EMA群のパラメーター:3、5、8、10、12、15
長期EMA群のパラメーター:30、35、40、45、50、60

短期EMA群は投機筋、長期EMA群は長期的な機関投資家の勢力を示し、これらの勢いの変化具合を把握することができます。

GMMAの特徴は、相場のトレンドがかなり綺麗にビジュアル化できることで、メイントレンドがはっきりと分かります。そのため、トレンドが出るとつい逆張りしてしまいたくなる人にとっては、有用と言えます。

GMMAが威力を発揮するのはトレンド中

相場が一方向に動き出す「トレンド」が発生すると、GMMAはパラーメーターの小さい順番からトレンドの方向に向かって並んでいきます。(この状態をパーフェクトオーダーと呼びます)

上のチャートのように、EMA群のオーダーがこれだけ綺麗に上を向いて並べば、誰でも現在は上昇トレンド中であることが分かり、逆張りを仕掛ける気にもならないでしょう。

このように、初心者の逆張り防止としても非常に有効です。

そしてGMMAが最も得意とするのは、EMA群の順番が綺麗に揃った後の押し目買いや戻り売りです。

これは、グランビルの法則の2番と3番を応用したものとも言えます。
特に効果的なのは、EMA群が放射状に分離しつつも、まだまだ開きすぎていない状態の時です。この時はかなりの高勝率ポイントになります。

やっぱりレンジ相場は苦手

トレンド中はビジュアル的にもわかりやすいGMMAですが、移動平均線である以上はレンジ相場ではその効力を発揮できません。

特に、短期のEMA群と長期のEMA群が混ざり合いながらのレンジではダマシを頻発します。

逆に言えば、上記のような相場の時はトレードをしない、といった判断をすることで負けトレードを回避することが可能です。

GMMAはトレンドフォローをするには非常に有用である

GMMAは視覚的にトレンド方向が分かるので、トレンドフォローには非常に適しています。

特に全部のEMAがパラメーター順に揃ったパーフェクトオーダー中に押し目買いや戻り売りといったやり方で入っていけば、低リスクで高リワードなトレードが可能になるのは言うまでもありません。

GMMAは誰が見ても「トレンド」と判断できる客観性の高い指標です。
ダウ理論やラインを使ってトレンドを見るのが苦手な場合はぜひ使用をお勧めします。

クマ君
GMMAって面白いなぁ。
移動平均線を組み合わせただけなのに、すっごく相場が見えやすくなる。

ウシ君
GMMAは人気が高いのがよく分かるでしょ。
EMA達が分かりやすい動きをしているときだけにトレンドフォローし続ければ、大きく負けるって事はまず無いと思うよ。
おすすめの記事