投機

短期的なレートの変動による利益の獲得を目的に売買を行うことを投機といいます。
一般的に長期保有を目的として行われる投資と区別して用いられます。
スペキュレーション取引ともいいます。

投機筋

短期的なレートの変動による利益の獲得を目的に売買を行う投資家のことを投機筋といいます。
主にヘッジファンドや機関投資家がこれに当たり、スピキュレーターとも呼びます。
外国為替市場で行われているほとんどの取引が投機によるものといわれています。

東京金融取引所[Tokyo Financial Exchange - TFX]

金融先物取引法(現在の金融商品取引法)に基づき市場を開設した日本唯一の取引所です。
日本の金融自由化を背景に1989年に開設されて以来、 電子取引の市場として常に最先端のシステムと制度を導入し、金利・通貨関連のデリバティブを扱う。日本で始めての公設「為替証拠金取引」を上場するなど、 新たに個人投資家向け市場の開発にも取り組んでいます。

東証株価指数

東証株価指数とは、東京証券取引所が算出する、市場全体の株価の値動きを表す数値(株価指数)のことです。
東証一部上場の全銘柄を対象として、各銘柄の時価総額を加味した加重平均を使った株価指数となっています。1968年1月4日を基準日として、その時価総額を100として算出しています。
日経平均株価と並んで日本の代表的な株価指数とされています。通称TOPIX。

途転

途転とは、通常は漢字ではあらわさず、「どてん」もし
くは「ドテン」などと書かれることが多いです。

その意味ですが、保有しているポジションを決済するの
と同時に、それまでのポジションとは反対のポジション
を新規で建てることを指します。

たとえばユーロドルでユーロが急進、もっていた売りポ
ジションの損切りの逆指値まで到達してしまったとしま
す。

この逆指値にヒットすると同時にその値段から買いのポ
ジションをたてます。これがドテンです。

また、買いポジションを決済すると同時に、逆に売りの
ポジションを建てることをドテン売り越し、売りポジシ
ョンを決済すると同時に、逆に買いのポジションを建て
ることをドテン買い越しと言う言い方も一般的です。

ちょっと詳しい用語解説

途転

途転とは、通常は漢字ではあらわさず、「どてん」もしくは「ドテン」などと書かれることが多いです。

その意味ですが、保有しているポジションを決済するのと同時に、それまでのポジションとは反対のポジションを新規で建てることを指します。

たとえばユーロドルでユーロが急進、もっていた売りポジションの損切りの逆指値まで到達してしまったとします。

この逆指値にヒットすると同時にその値段から買いのポジションをたてます。これがドテンです。

また、買いポジションを決済すると同時に、逆に売りのポジションを建てることをドテン売り越し、売りポジションを決済すると同時に、逆に買いのポジションを建てることをドテン買い越しと言う言い方も一般的です。

おすすめの記事