様々な種類のあるインディケーターは、それらを上手く組み合わせることでより精度の高い相場分析や優位性の高いトレードをする事が可能になります。

もちろんインディケーターが多いほど有利になるわけではありませんが、インディケーターの弱点を補い合うような組み合わせでセッティングすれば、相場がよく見えるようになるはずです。

ここでは、よく使われる組み合わせ方の例を紹介します。

同じ指標を複数のパラメーターで同時に表示させる

これは特に移動平均線のような、シンプルな指標を使う時によく使われる方法です。
オシレーター系ではRCIがよく使われます。

同じ指標を複数同時に表示させる場合は、短期、中期、長期の3つのパラメーターを使うことが多いです。上のチャートでは、移動平均線でもRCIでも9、26、52の値を使っています。

よく使われるパラメーターは以下の通りです。
短期:5~15
中期:20~50
長期:50~200

これらの使い方は、長期で相場の流れを把握して、中期と短期を参考にしながら長期の流れの方向に仕掛けていくのが一般的です。

基本的にパラーメーターが小さいほど直近の値動きの影響を受けやすいためにジグザグしやすく、パラメーターが大きいほど直近の値動きの影響が小さくなるので滑らかなカーブになります。

このため、小さなパラメーターの指標だけではダマシに会うことが多くなりますが、中期や長期の期間の推移も一緒に見ることで相場の流れを捉えながらピンポイントで狙っていく事ができるようになります。

トレンド系とオシレーター系を組み合わせる

トレンド系とオシレーター系を組み合わせるというものメジャーなやり方です。

これは、トレンド系のインディケーターでトレンドが発生していることを確認して、オシレーターで押し目や戻りを形成した後に狙っていったり(上のチャート)、トレンド系の指標でエントリーの判断をしてオシレーターで利益確定をする、といったインディケーターの使い分けをしていくものです。

各インディケーターには「得意な値動き」がというものがあります。例えば移動平均線等のトレンド系指標は文字通りトレンド相場には強いですが、レンジ相場にはめっぽう弱くダマシを頻発します。

一方でストキャスティクス等のオシレーター系は、レンジ相場ではよく機能する反面、トレンド相場では上限や下限にへばりついて使いものにならなくなります。

トレンド系とオシレーター系を組み合わせるときは、それぞれの特徴と得意な相場をしっかりと把握した上で、上手に使い分けていく必要があります。

おすすめの記事