前回までの解説で、サポート・レジスタンスラインとトレンドラインについて分かって頂けたかと思います。

 

ただラインを闇雲に引くのではなく「どこが注目されやすいのか?」「他のトレーダーはどういったところでポジションを取っているのか?」ということを念頭においてやると相場の背景がよくわかるのではないでしょうか。我々トレーダーはチャートを相手にしているのではありません。

本当の相手はチャートの向こうにいるトレーダーであることを忘れないようにしましょう

ライントレードの考え方

チャートに上手くラインを引き、そのライン付近までレートが来ると、売り買いの攻防が激しくなります。

これは、既にポジションを持っている人、これからポジションを持とうとしている人たちがせめぎ合っている証拠です。

このように、多くのトレーダーたちに注目されやすいポイントを「チャートポイント」と呼びます。ライン引きが上手くなると、チャートポイントが見つけやすくなります。

ライントレードとは、「チャートポイントを見つけ、そこから売り買いのどちらが優勢になるのかを判断し、その方向に狙うトレード手法」と言うことが出来ると思います。

例を出してみましょう。

このチャートでは、上昇傾向にあり、チャートが示すように右肩上がりのトレンドラインを引くことが出来ます。

チャートの一番右側では、レートが一気に下降しており、右上がりのトレンドラインを割り、前回高値のポイントまで下げてきています。前回高値のポイントは、以前はレジスタンスとして機能しましたが、今回はサポートとして機能しそうな感じです。

現在は、トレンドラインとサポートラインの両方の近くにレートがあり、まさに「チャートポイント」にあると言ってもいいでしょう。

さて、ここからどう狙うべきでしょうか?
狙うのは上か下かしかありません。

ここからロングを視野にいれる場合の考え

ローソク足の推移を見ても、上昇トレンド中。
トレンドラインを少し割っても前回高値がサポートとして機能するから、今後も上昇するだろう。

 

ここからショートを視野に入れる場合の考え

確かにそれまでは上昇トレンドだったが、今現在の下げをみると、かなりの勢いで下落してきている。
この勢いならば、トレンドラインもサポートラインも無視して一気に下げるだろう。

どちらが正解?

さて、ロングとショート、どちらが正解でしょうか?
残念ながら相場に「正解」というものはありません。

しかし今回の場合は、それまでが上昇傾向で推移してきており、トレンドラインを割ったとしても、ここから反転上昇しそうな感じがします。

だからといって、この状態からロングを仕掛けるのは危険です。
ショート派の意見にもあったように、現在は勢いよく下落しているので、この状態でロングするのは、「落ちるナイフを素手で掴む」行為になりかねません。
少し待って、反転して上げて来る時を見計らった方がよいでしょう。

そしてその後はというと・・・。

やはり上昇しました。
理想的なエントリーポイントは、トレンドラインを割った後の持ち合いを超えてきたあたりですね。

ライントレードで仕掛ける場合は、やり方にもよりますが、基本的にはしっかりと反発したのか、それともブレイクしたのかどうかを見極めたほうがいいでしょう。
こうすることで、取れる値幅は小さくなりますが、勝率が高まります。

おすすめの記事