トレンドラインは、サポート・レジスタンスラインと同様に多くのトレーダーから愛用されている分析手段です。

前ページで解説したダウ理論におけるトレンドの定義を踏まえて考えていきましょう!

上昇トレンドのトレンドライン

ダウ理論によれば上昇トレンドは、高値と安値を切り上げると解説しました。
上昇トレンドにトレンドラインを引く場合は、安値同士を結んでいきます。

上のチャートのように安値同士を結ぶと、綺麗にローソク足が揃って上昇していることがわかります。

一般的には、トレンドラインの角度が急なほどブレイクされやすく、逆に角度が緩やかなほどブレイクされにくいとされています。つまり、勢いのあるトレンドはそれだけ勢いを失いやすく、ゆっくりと続くトレンドは長続きしやすいとも言えますね。

下降トレンドのトレンドライン

下降トレンドは、上昇トレンドとは逆で高値同士を結んでいきます 。

こちらも赤いラインが意識されていることがわかりますね。
そして何度かトレンドラインとして機能した後、ラインは上にブレイクされています。

具体的なトレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方は決して難しくありません。
まずは最低でも2つの安値同士、もしくは高値同士を結ぶ線を引きます。
この時に問題になるのがローソク足のヒゲを含めるかどうかです。

様々な投資本を読むと、ヒゲを絶対に含めなくてはいけないと主張する人もいれば、ラインは目安に過ぎないからヒゲは含めても含めなくても良いという人まで様々です。

私個人の考えを言わせてもらえば、「好きなように引けばいい」です。
相場に絶対はありません。ですから、絶対に正しいラインの引き方も無いと思っています。多くの人が注目していそうだなぁと思えるところに線を引けばいいのでは?という解釈です。

大切なのは、ラインを引くことよりも、引いたラインをどう解釈するかです。
ラインがブレイクされるのか、そこから反転するのか・・・。
そう言ったことを考えてチャートを見ることこで、トレードの技術が上がっていくのです。

トレンドラインから分かる事

トレンドラインを引いてわかることは大きく2つあります。

ひとつは、どこが注目されやすいか?ということがわかる点です。
多くトレーダーが注目するポイントでは、激しい売り買いの攻防が見られます。
この攻防が終わると、どちらかに大きく動くことがよくあります。

特に上昇トレンド中なら、トレンドライン付近までレートが下げてくると売り買いの攻防が激しくなります。
そして、買いの勢力が上回ると一気にレートが上がることもよくあります。
ここを狙ってトレードするのがトレードの基本と言えるでしょう。

もう一つがトレンドの「勢いがわかる」点です。
上に出した上昇トレンドと下降トレンドのチャートで、相場に「勢い」があるのはどちらでしょうか?

これはトレンドラインの角度を見ればわかります。
角度が急なほど相場に勢いがあると言えます。

しかし、注意しておかないといけないのが、トレンドラインの角度が急なほどトレンドとは逆方向にブレイクされやすいということです。

簡単に言えば、勢いの強いトレンドほど疲れやすいということです。
ですので、トレンドラインの信頼性が高いのは、何度もそのラインでレートが反転しており、なおかつ角度が緩やかなラインと言えます。

もちろん過去に何度もラインをブレイクしているからと言って、永遠にそのラインが昨日し続けることはありません。ラインはいつかは必ずブレイクされる運命にあります。

この考え方はラインを利用する上で非常に大切ですので、頭の片隅に入れておいてください。

おすすめの記事