相場の動きは非常に複雑ですが、突き詰めて考えれば大きく3つの状態が挙げられます。

  1. 上昇トレンド
  2. 下降トレンド
  3. レンジ

チャートに示すと以下のようになります。

トレンドというのは、一方向に価格が動いていく状態のことで、上げていく場合を上昇トレンド、下げていく場合は下降トレンドと呼びます。

一般的には、上昇トレンドではローソク足の陽線が連続しやすく、下降トレンドではローソク足の陰線が連続しやすくなります。

また、レンジというのは、トレンドとは逆に相場に方向性の無い値動きのことを言います。
特に決まった小さな値幅間を上下することが多いですね。

トレンド相場とレンジ相場はサイクルになっており、トレンド相場⇒レンジ相場⇒トレンド相場という流れで相場は推移していきます。

そして、トレンド相場とレンジ相場の比率ですが、実際にはレンジ相場が7割を占めており、トレンドは3割程度しかないと言われています。つまり、相場が動くトレンド相場の時間は短いのです。この認識は非常に大切ですので覚えておきましょう。

トレンドの見分け方とういものは沢山ありますが、ここでは一番有名なダウ理論におけるトレンドの定義を解説します。

上昇トレンド

上昇トレンドの定義:高値と安値を切り上げながら推移する。

この定義によると、上昇トレンドは、ジグザグしながらも、確実に安値と高値を切り上げていくことが条件になっています。

逆にいえば、高値を切り上げられず、その上、前回の安値をも下回ればトレンド終了という解釈になります。

上のチャートでは、順調に高値と安値を切り上げてきていましたが、右端では前回高値を超えられず、そして前回安値を下回りましたので、トレンド終了とみなすことになります。

下降トレンド

下降トレンドの定義:安値と高値を切り下げながら推移する。

下降トレンドは上昇トレンドをそのまま反転したものですね。
当然考え方も同じで、下降トレンドは高値と安値を切り下げてながら推移していきます。

上のチャートでは、ゆっくりと上下しながらも、着実に安値と高値を切り下げながら推移してきています。これもダウ理論においては下降トレンドになります。

ダウ理論によるトレンドの見極め方はテクニカル分析の基礎として非常に重要です。

そして、相場の方向が分かれば、その流れに従って仕掛けるのが基本的なテクニカル分析によるトレード方法です。まずはトレンドを見極めること。これが大切です。

おすすめの記事