「1回のトレードでどれだけの金額的リスクをとっていくのか?」

これが資金管理であると説明しました。

そして「どれだけの金額的リスクをとるか?」を決めるために必要な要素が2つあります。
それは、口座資金とトレード手法についてです。

基本的には口座資金が多く、トレード手法の成績が高いほど、高い金額的リスクをとってトレードする事が出来ます。

例えば同じ手法を使ってトレードする場合、口座資金が10万円と1000万円あるのでは、1000万円ある方が大きな金額的リスクでトレードできることは言うまでもありません。

口座資金の1%をリスクにさらしてトレードする場合は、1回のトレードリスクは口座資金が10万円なら千円、1000万円なら10万円となります。

また、トレード手法の精度によっても取るべきリスクは違ってきます。
トレード手法の期待値が高ければ高いほどリスクを取る価値がある一方で、期待値が低めなら、ある程度リスクを抑えて取引するべきです。

ウシ君
例えば、勝率100%の手法があったとしよう。
確実に勝てる手法であれば、自分の資金全部を投入しても良いよね。でも、勝率が低い手法であるならば、負ける事も十分に考慮に入れて資金管理すべきだよね、って話だな。

クマ君
なるほど、不確実性のあるトレードでは負ける事も考えて資金管理をしなくちゃいけない・・・と。

特に安定的な運用を心がけたいのであれば、リスクは低めにしておくべきでしょう。

精神的な影響も強い!

以上に加えて、トレーダーの資金減少への心理的な耐久力も見逃すわけにはいけません。
システムであれ裁量であれ、資金が減っていい気分がする人はいません。

思っていた以上に口座資金が減ると、トレードするのが嫌になったり、精神が暴走してトレードルールを破ってしまう可能性もあります。

こうなってしまうと、ここから資金を増やすどころか、それまでとは比較にならないほどの大きな損失を出してしまう恐れもあります。

そのため、トレード負けてしまっても精神的なショックが小さい金額で取引を始めた方が良いでしょう。

クマ君
確かに負けたときの金額が大きいと精神的な負担が大きいもんね。
あ、負けなければアレが買えたのに・・・なんて思っちゃうから。

ウシ君
そうだな。そういった尺度は人によるけど、ある程度トレードが分かるまでは小ロットでトレードはやった方が良いね。
おすすめの記事