今回の記事では、資金管理がどれほど重要なのかについて解説します。

一般的にトレード手法に隠れがちな資金管理。
しかし、どれだけお金を稼ぐか?については資金管理の影響が大きいです。

しっかりと資金管理について勉強していきましょう。

ウシ君
資金管理をなめると、マジで大損するよ。

資金管理の目的とは?

まず、資金管理とは一体何なのでしょうか?

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術によると、

「資金管理とは、トレードをやっていれば必ず巡ってくる不運な期間を、取引を降りずにしのいでいける程度に、市場のリスクの規模を抑えることを指す。具体的には、収益率を最大限に高める一方で、破産の確率を許容レベルに止める技術のことだ。」

と書かれています。
つまり、「トレードの調子が悪い時には出来るだけ小さな損失に抑える一方で、調子が良い時には資金が大きく伸びるようなお金の賭け方をすること」と言い換える事ができます。

こんな魔法のような事ができるのでしょうか?
損失を小さく抑えようとすれば、相対的に賭ける金額が減るために勝った時には利益も小さくなる。一方で大きく儲けようと思えば、損失も大きくなる・・・・。

これらの相対する要素の両方の良いところばかりを取る資金管理法は存在しません。
ではどちらを取るべきなのでしょうか?

資金管理は資金を守るためにある!

まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。

ジョージ・ソロスの名言です。
相場において、儲けることよりも生き残ること=資金を守ることの重要性を説いた名言です。

トレーダーにとって、資金とは資本であり商売道具です。
そして市場に参加する以上、これらを一気に失う可能性もあります。

資金がなくなる可能性をいかににして低くするか?
これが資金管理において大切な考え方です。

そのため「投資の魔術」に書かれている様に、まずは「破産の確率を許容レベルに止める」ような賭け方をしなくてはいけません。

そして、破産の確率を許容レベルに止めることを絶対条件にして、できる限り効率よく利益も増えるような賭け方を考えていく必要があります。

一般的に、「リスクを取れば取るほどリターンは増す」と言われていますが、実はそうではありません。リスクを取りすぎるとリターンが減ることもあるのです。

資金管理の重要性を実感するのは、トレードの調子が悪い時です。
トレードの調子が悪い時こそ、資金管理が威力を発揮します。

いつ調子が悪くなるのかは誰にもわかりません。
その時のために備えて、しっかりとした資金管理に基づいてトレードしていく必要があるのです。

クマ君
思い返してみると、確かに僕が大損したのは、カッとなってロットを一気に上げてしまったときだったなぁ・・・。

ウシ君
僕も経験あるけど、資金の多くを失う時って、資金管理を間違えたときなんだよ。
トレード手法が悪いというよりも、資金管理が悪かったときに大損するんだ。

クマ君
なるほど!
ってことは、適切な資金管理をすれば大損することは無い、っていう解釈でOK?

ウシ君
もちろん不調によって負け続けたらマイナスにはなるけど、1回のトレードで1%程度のリスクを取ることにして、それをしっかりと守れば、10連敗したところで1割しか資金が減らない、ってことになる。

そういった意味では、大損することはなくなるかもね。

おすすめの記事