こんな経験はありませんか?

とあるサイトやブログ、もしくは購入した情報商材で勝てそうな手法を学びました。
あなたは、「これは絶対に行ける!」という確信を持っています。

そしてチャートを見ると、正にそのポイントが迫ってきているところではありませんか!
あなたは躊躇することなくトレードを仕掛けましたが、何故か思うように動いてくれない。

そして結局損切りに終わる・・・。

新しい手法やアイディアを思い浮かんだり知ったりすると、是非とも試したくなる気持ちは誰にでもあります。
しかし、リアルトレードで早速これをやって一気に勝ち組になれたという人を私は知りません。
(情報商材等の広告には沢山いるようですが・・・。)

例えば車を買う時、候補に挙がっている車のカタログを見比べたり、スペックを見たり、ユーザーレビューを見て比較しませんか?
また、実際にディーラーに足を運んで試乗したりして乗り心地などをしっかりと調査しませんか?

車や家電等の高価な商品を購入する時には、色々と下調べをする人が多いはずなのですが、トレード手法について同じように下調べをする人は決して多くはありません。
きっと、損失が出る可能性というものは全く考慮に入れていないからでしょう。

どんなアイディアであっても、とりあえず検証しよう!

大切なお金を使ってトレードするわけですから、事前にその手法やアイディアが使えるものかどうかを確かめておく必要があります。これが「検証」です。

具体的には、過去のチャートを見て、新しいトレード手法やアイディアでトレードした場合、実際に勝てる優位性があるのか否か、優位性があるのならどれほどのエッジなのかを調べていきます。

検証は、トレードスタイルが裁量でもシステムでも避けては通れない道です。

しかし、検証はトレードにまつわることで最も時間がかかるために敬遠されがちです。
そもそも、FXは楽して勝てると思い込んでいる人には、何でそんなに面倒臭いことをしないといけないのか?と疑問にすら思われるかもしれません。

しかし、トレーディングにおいては、面倒なことや自分がやりたくない事をやる方が正解のことが多いです。
過去の膨大なデータを見て検証を続けることで、相場に対する深い洞察が磨かれていくのです。

FXをビジネスと考えると、検証は研究開発に相当します。
研究開発なしで同業他社と競争して行くのが如何に難しいかは想像できるはずです。

利益を出しているトレーダーは、しっかりと検証しています。

おすすめの記事