トレード手法と言えば、いつエントリーするのか?ということが話の中心になりがちですが、ポジションを精算するエグジットのポイントも忘れてはいけません。

なぜなら、エグジットこそがトレードの勝敗を決めるからです。

たとえエントリーポイントが全く同じだったとしても、エグジットするポイントが違えばそのトレードの成績は全く違ったものになります。

エグジットの重要性は、エントリーのそれ以上であると考えるトレーダーも多く、これはトレード経験を多く積んだ人ほどそう考えるようになる傾向にあるようです。

その理由は、エグジットはトレードの勝敗を決めると同時に、トレーダーのメンタルにも多大な影響を与えるからです。

ここでは、その影響を考えてみましょう。

ポジションを解消する難しさ

ポジションを持っている時とポジションを持っていない時での精神状態は違います。
ポジションを持つ前は比較的慎重であっても、いざポジションを持つと高揚感やスリルを感じて、なかなか自分が思った通りに行動できないのです。

そのため、ルールよりも早めに利益を確定してしまったり、損切りが出来ずに含み損をズルズルと抱え込むことになってしまいやすくなります。

これはプロスペクト理論として証明されいる人間の性質であり、抗うことは相当難しいです。

トレード後にも影響を与える

トレードにおいて、自分の納得できるエグジットというのは決して多くはありません。

ロングしていいポイントで利益確定できたと思っても、その後も続伸すれば「もうちょっとホールドしておけばよかったなぁ」と思うでしょうし、損切りした後にエントリー方向に再び戻ってくれば「損切らなければ良かったのに・・・」と思うことでしょう。

上のように、既にポジションを解消したのにも関わらず、その後の値動きを知ってしまったために、精神的なストレスを受けることが多々あります。

特にトレードに慣れていない初心者の場合は、こういったストレスが積み重なると自分のルールを破ってしまいがちです。
つまり、次から無駄なエントリーをしたり、損切りをしなくなったりするのです。

エントリーと同様に完璧なエグジットもない

良いエントリーポイントを見逃すよりも、良いエグジットポイントを見逃すときの方が精神的なダメージは大きいです。
これは、失った利益として、よりイメージしやすいから でしょう。

しかし、そんなことをどうこう言っても利益にはなりません。

大切なことは、自分の性格と手法に合ったエグジットを考えて、それを続けることです。
これを実行するにはある程度の「割り切り」が必要です。
そして割り切るからこそ、精神的なストレスも小さくなり次のトレードもしっかりとルールに従えるようになるのです。

エグジットはトレードの勝ち負けを左右させるだけでなく、次のトレードにも影響を与えるということを忘れないでおきましょう!

おすすめの記事